並んでいる家族

内容を理解する

保険というのは何かあったときに役立つので、必要性を感じたら、とにかく何でもいいから安いのに入りましょう。しかし、仕組みを理解しないままに加入することは避けなければなりません。加入している保険見直しもしましょう。

この記事の続きを読む

実際に活用

今や全く保険に対して知識がない方でも、保険見直しをしたい方でも保険に関してなら何でも相談にのってくれます。保険相談窓口では多くの場所にあるので、比較的近隣に窓口があるので、足を運びやすいと思います。

この記事の続きを読む

保険に関する相談

今、保険相談が無料でできる所が存在しており、保険見直しを気軽に相談できるようになっています。一般的には、保険はその保険会社に相談をして商品を紹介してもらうというスタイルが今まででした。

この記事の続きを読む

定期的に見直す

車だけではなく自転車保険の加入も大切です。万が一子供が事故を起こしたとしても、しっかりと補償してくれます。

よく聞く保険の見直しについて

テレビCMなどでよく「保険を見直したら、こんなに安くなった」「保険の見直しで、今までもよりも保障が充実しました」など聞いたことがあると思います。そんなに安くなったり、保証が充実するなら、保険見直しをやってみようかなと思う人もかなりいるはずです。この保険見直しをする人はこれから増え続けていくと思われます。保険の相談窓口が増えていますし、頼りになるファイナンシャルプランナーがいますので、より自分に合った保険を選んでいくことになるからです。その際にわからないまま保険に入ることはないでしょうから、きちんと理解したうえで入りますし、専門的な知識が豊富なファイナンシャルプランナーにアドバイスを求めるので、より保障が厚く、自分の条件にあった保険に入れます。

気を付けることはどんなことでしょうか

保険見直しで気を付けることは「保障」「金額」「期間」です。必要な保障は何かを考え、そのための保障金額はいくらで、その保証期間はいつまでが必要なのかをそれぞれ考えます。それに基づいて、入ってる保険を見比べ、不必要なものは削り、足りないものは別な保険に新しく入ります。このように自分の現状を把握し、必要なものを見直すことが大事です。それをしないで、ただあれもこれも必要だからと入ってしまうのはとてももったいないことをしています。また、今入っている保険会社に見直しを依頼するのではなく、ファイナンシャルプランナーという第三者の意見を聞くことがとても大切です。保険についてわからないこともきちんと教えてもらえるので、保険見直しの際には相談してみましょう。

  • 今に至る経緯

    初めて保険制度が誕生したのは、1400年代にイタリアで誕生した海上保険だと言われています。日本では、福沢諭吉が1868年に保険制度を紹介しました。以前とは変わりましたが、保険見直しが気軽にできるようになっています。

    この記事の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加